慢性腰痛や自律神経失調症のお悩み専門-立川駅南口徒歩6分
トップページ > ブログ > 症状 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2016年9月5日   症状
腰痛

脊柱管狭窄症とは


脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通る「脊柱管(神経が通る管)」の通り道が狭くなった結果、 神経が圧迫され、痛みやしびれが起こる症状のことをいいます。

発育の過程で、軟骨が作られなかったりする事で脊柱管が圧迫されてしまう 「先天性(発育性)脊柱管狭窄症」のほか、腰椎の変形等による「後天性脊柱管狭窄症」もありますが、 一般的な脊柱管狭窄症は「後天性脊柱管狭窄症」が多いです。

腰から足にかけて痛みやしびれを訴えることとなりますが、 歩いている時に特に腰から下に痛みやしびれがでて、 しばらく立ちどまると痛み・しびれが落ち着く 間欠性跛行(かんけつせいはこう)を訴えるのも特徴です。

治療については、保存療法(生活指導、コルセット、理学療法など)や 手術療法(狭窄を起こしている周辺の骨を切除するなど)があります。

一般的な脊柱管狭窄症の原因

一般的な脊柱管狭窄症の原因は 神経組織の周辺組織(骨、靭帯、軟骨)の変形や組織の退行により、 神経組織を圧迫すると言われています。

仁整堂が考える脊柱管狭窄症

脊柱管を圧迫する周辺組織(骨、軟骨、靭帯)の変形は、 強い衝撃を受けるような事がなければ、普通の生活をしている限り、 単独で起こるものではありません。

しかし、長期に渡る不良姿勢等により、背骨を支える「筋肉が強く緊張」した状態が継続すると 軟骨や靭帯にも強い力がかかり続けます。さらに長期化する事で、軟骨や靭帯が力を支えきれなく なると、最後は骨の変形にまで及びます。
そして、この過程で神経が圧迫されると脊柱管狭窄症の症状を訴えることとなります。

仁整堂の取り組み

痛みを感じているところだけでなく、痛みを感じる部分ではないけれども 緊張している筋肉にも着目し、緊張をゆるめる事で、痛みの改善を目指します。

ただし、骨、靭帯、軟骨等の変形、退行が大きい場合は軽減する範囲に限界はあります。

その場合は、痛みを感じる部分に力がかかり過ぎないように、身体の使い方を 変えていくなど、様々な取り組みが必要となっていきます。

「こころも体も笑顔に(^^)v」
整体 仁整堂
東京都立川市芝崎町3-16-5 ステージワン103号室

ホームページ:http://jinseido.net/

ブログ:http://jinseido.net/blog/

関連記事




新着記事

カテゴリ

月別

検索

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

仁整堂のご案内




PAGE TOP