慢性腰痛や自律神経失調症のお悩み専門-立川駅南口徒歩6分
トップページ > ブログ > 健康 > 靴のサイズで健康(^^♪

靴のサイズで健康(^^♪

2016年9月1日   健康
foot

靴のサイズで健康


今回の健康のお題は「靴のサイズ」で健康になりましょ~というお話です!!

さてさて、皆さん早速ですが質問です。

Q.あなたは自分の足のサイズを測ったことがありますか?

この質問をしてみるとほとんどの人が「測ったことがない」と言われます。

ではでは、さらに質問!

Q.あなたは自分の靴のサイズはどう決めていますか?

これもほんんどの人が「何となく~(^^;」とか「指1本入る位」とか答えられます。

まぁ、そういう自分も数カ月前まではそうだったのですが。。。(^^;

でもいろいろきっかけがあり、じっくり自分の足に合う靴について調べていったのですが そこでたくさんのびっくりするような事実を知りましたので、ブログにてお知らせしていきますね(^^

びっくり!その1.大きいサイズの靴を履くと足のアーチがつぶれる


芸能人は歯が命と同じ位(笑)、足のアーチは大切だよって話はよく聞きますよね。
でも足より大きいサイズの靴を履いてしまうとアーチが潰れてしまうって知ってました?

そーんな靴とアーチの話をする前に、まずは裸足のことから考えてみましょう♪

人類の歴史からみると、人はつい最近まで裸足で生活をしていました。
裸足は地面と直接接しているので、地面の凸凹など、足裏に刺激が入れば足は瞬時に反応できて、
柔軟に足の裏が使われるため、脚のアーチもバランスよく力を発揮していました。

しかし、現代の人達はほとんどが靴を履くようになったため、脚の裏に来るはずの「刺激」が 靴により大部分が吸収されてしまいます。
そして、刺激が小さくなったという事は、足が反応する機会も減る事になり、 結果、足は本来の性能を発揮する機会が減り、徐々に機能が衰えていきます。
機能が衰えるという事は、足にとって大事な「足のアーチ」も衰える事になり、 いずれ、足のアーチがつぶれ、様々な足の不調につながっていきます。
そして、足は身体をささえる大事な土台ですので、 足の歪みはそのまま体全体の歪みにつながっていきます。。。

ここで靴の話に戻りますが、 では、大きい靴を履いているとどうなるでしょうか?

靴を履いた時点でアーチを保つ力が弱まる話はしましたが、 サイズの大きい遊びのある靴を履いているとどうなるでしょうか?

一歩あるく度に足に衝撃が加わりますが、靴が衝撃を吸収してしまうため、 足裏の反応は裸足の時よりも遅れて反応しはじめます。
この時、靴のサイズが大きく遊びがあると、 その分だけさらに足は滑って広がり、アーチはより潰れてしまいます。

これを繰り返すことで、足のアーチはさらに弱くなっていきます。
これが大きいサイズの靴を履くとアーチが潰れるという話です。

びっくり!その2.柔らかい靴は足のアーチを弱める


柔らかい靴をはけば、足の機能は衰えるから当然と言えば当然ですが、 柔らかすぎると足の着地も不安定となるため、 足だけでなく無意識に身体全体でバランスを取るようになり、 おかしな所に余計な力が入る事で全く関係ないところが歪むことにもつながります。

びっくり!その3.良い靴は足のサイズとぴったり同じものがいい


足のサイズとぴったりだと靴擦れ起こすじゃないですか~
。。。と思われるかもしれませんが、靴擦れは靴の中で足が動く事で起こるので ピッタリであればそもそも靴擦れは起こりません。
但し、万人の足に合わせるため靴の「形状」は平均的な足の形に作られているので 平均から大きくずれると、当然ながら靴とつよくぶつかってしまうところも出て来るので そこで靴擦れは発生してしまいます。
そこで大切なのは足の前後の長さ「以外」のサイズも考えましょ~♪ということです。

びっくり!その4.靴のサイズは「サイズ」と「ワイズ」で選ぶ


靴を選ぶ時「サイズ」で選ぶので当然知ってると思いますが、
それでは「ワイズ」ってご存知ですか?

「サイズ」は「足長」のことで、単純に足の前後の長さの事で、 25cmとか23.5cmとか長さであらわします。

「ワイズ」は「足囲」のことで、
足の親指の付け根と小指の付け根の出っ張ったところをぐるっと1周測る足の太さのことで、 「足長」と「足囲」の比率で、一番細い場合をAとして順にB、C、D、E、2E、3E、4E であらわします。

靴のサイズは測定したサイズとぴったりしたものを使いますが ワイズはいきなりピッタリにすると相当きつく感じて苦痛になるかもしれないので 最初は1サイズ緩めにし、慣れてきたら次の機会にピッタリにするのがオススメです!!

びっくり!その5.足のサイズはアーチを作ってから測る


最後の大事なところです!
足のサイズを測ってぴったり合わせようと思っても、 既に足のアーチが潰れしまっている場合は、潰れた状態のサイズに靴を合わせても ほとんど意味がありません。測る時は足のアーチを作ってから測りましょう♪

但し、アーチが全然ない方はいきなりピッタリのワイズにすると相当キツク感じるため 最初は1サイズゆるめのワイズにして、慣れてきたら徐々に本来のワイズに近づけていきましょう♪

ここでお話した内容はこれで全てではありませんが、 まずはこれだけ知っておいて頂けるだけでも随分と違うと思います。

ぴったりの靴を履いた時の効果は特に長く歩いたり走ったりした時にその差を感じます。
正しい足のアーチが形成される事で余計な筋肉の動きが減り、疲れにくくなるんです。
これは体験してみないと分からないと思いますので、まずは一度試してみる事をお勧めしまーす。

但し、普通の靴屋で「足長」と「足囲」をはかってくれたとしても、サイズの大きいものを 進められると思いますので、そこはぴったりのサイズにして下さいね(^^;

足のサイズは仁整堂でも測れますので通院した際にでもお気軽にお尋ね下さいね。

「こころも体も笑顔に(^^)v」
整体 仁整堂
東京都立川市芝崎町3-16-5 ステージワン103号室

ホームページ:http://jinseido.net/

ブログ:http://jinseido.net/blog/

関連記事




新着記事

カテゴリ

月別

検索

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

仁整堂のご案内




PAGE TOP