慢性腰痛や自律神経失調症のお悩み専門-立川駅南口徒歩6分
トップページ > ブログ > 院長のきまぐれ > 山登りの楽しみ方

山登りの楽しみ方

2016年8月14日   院長のきまぐれ
山登り

山登りの楽しみ方


こんにちは、仁整堂院長の三浦です♪

「院長のきまぐれ」というお題目でのお話となりますので 不定期に院長が思いついた事をお知らせしていければと思ってます(^^;

そ~んな訳で、第一回のお話は「山登りの楽しみ方」!!(^o^)/

最近は全然行けていないのですが(汗)、昔は毎週のように日本国内の山に出かけては登ってばかりの時期がありました。

行く山、行く山、毎回新しい発見があったり、眺めが最高だったり、本当に楽しくて、当時は周りからは「山バカ」と言われる程、山にどっぷり浸かっていました。
最初の頃は、ただ山に行って登って景色を眺め、下山するだけだったのですが、長く続けていくに従って、ただ山に登るだけではない楽しみ方もいろいろ覚えていきました。
今回は、そんな中で院長が山登りと共に楽しんで来た内容をいくつか紹介していきたいと思います。
既に山にはまっている方、または山には興味あるけど、ちょっと。。。という方も参考程度に読んでみて下さいませ~♪

◇山の楽しみ方~その1:食を楽しむ
(1)地元の食を堪能する
山登りと言えば必ず市街地から遠く離れたところにあるので、必ず地元の食と出会います。 そ~んな地元の食と出会ったらとにかく食べましょう♪ A級グルメだろうとB級グルメだろうといろいろ食べましょ~!! 新しい発見あること間違いなしですよ! 自分の中で一番うまかったのが北海道の利尻島で食べた「ほっけのちゃんちゃん焼き」
フェリー乗り場までタクシーに乗った際に運転手さんに聞いて食べにいったら「激うま」だったという記憶が未だ残ってます。
もちろんウニ丼も食べましたが、ウニ丼はおいしくて当たり前みたいな感じだったので、まさかほっけがこれ程おいしいとは。。。という再発見があったという意味で「ほっけのちゃんちゃん焼き」をオススメしますよー♪

(2)山で飲む・食べる
そしてなんといってもやめられないのが、山で飲む「お酒」(^o^)/
自分は山によってはテントを背負って山で泊まる事も多かったのですが、そんな時はザックの中を1~2リッター程度のお酒が占めます(笑)。ザックが重くてしんどくても泊まりの時は欠かさず持っていきます。それ位、山で飲むお酒はうまいんです。山小屋によっては山の上で生ビールをジョッキで飲めるところもあるので、そんな時は眼下に広がる雄大な景色を眺めながらグイグイとビールを飲むのが至福のひと時です。夏なんかは汗だくになって登るので、そんな時に生ビールを飲んでしまうと一生忘れられない味になると思いますよー。一度お試しあれ(^^;
ちなみに近場では東京の高尾山のケーブルカー終点辺りにビアガーデン「ビア・マウント」もありますので、お気軽に山でビールを楽しみたい方はお勧めですよ(^o^)/

◇山の楽しみ方~その2:自然を楽しむ
山登りの一番の楽しみは都会では味わえない自然を体感できる事です。
最初は山に登って山頂の写真を撮って程度になってしまうかもしれませんが、 山に慣れていくに従って、その山にしかない自然に気が付き、他の山はどうなんだろうと気になるようになってきます。
高い山だったりすると普段はお目にかかる事のできない高山植物も咲いてますし、山にしかいない動物、そして雲海に浮かぶ壮大な風景、満点の星空など、幅広く体験する事でいずれ自分の琴線に触れるモノが見えてきます。
そうするとただ山に登るというだけでなく、山で何を楽しむのか?という感じで色々変わってきます。
自分の場合は高山植物や動物、風景などを写真に切り取る事が楽しくなりどっぷり写真にもはまりました。
今となっては山で撮った写真は何万枚あるかも分かりませんが、写真を見ると色々な事が思い出されてきます。
山登りを通じて、自然に親しみ、いろいろ感じる感性を磨いていくのもいいかもしれませんねー(^^

◇山の楽しみ方~その3:新たな知り合いが出来る。。。かも(^^
まじめに山と向き合っていると、色々な所で接点が生まれ、新たな人間関係が生まれる事もあるかもです。
自分の場合は、山で撮りためた写真に文章をつけてブログを書いていたのですが、そのブログを他の方が読んでくれて ブログを通じて全国に知り合いが出来たりもしましたし、また山登りの道中でたまたま会話をする機会のある方もいて、 その後、年賀状をやりとりするような人との出会いもあったりしました。
山に行くとその雄大な自然の中では皆素直な自分をさらけ出しているように思えるので、出会いがあったら、大切にするといいかもですね(^^

そ~んな訳で、院長が考える山の楽しみ方の1部をご紹介させて頂きました。
もちろん食だけでなく、温泉なども楽しめますし、地層マニアの方であれば山の地層で面白いところも ありますので、独自に様々な楽しみ方をしてもらえればと思います。

登っている時はかな~りツライ時もありますが、達成した感動があるからこそ 余計に山の記憶が強くなるのかもしれませんね。

皆さんも是非自分なりの山の楽しみ方を発見して、いい思い出をたくさん残して下さいね♪

「こころも体も笑顔に(^^)v」
整体 仁整堂
東京都立川市芝崎町3-16-5 ステージワン103号室

ホームページ:http://jinseido.net/

ブログ:http://jinseido.net/blog/

関連記事




新着記事

カテゴリ

月別

検索

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

仁整堂のご案内




PAGE TOP